FV083

アテニア BBクリームは2配色展開を始めてしばらく経ちました。口コミではどちらの色も結構明るめだという意見が、多く交わされています。

ただ、明るめだからカバー力が落ちたんじゃないかという口コミもちらほら見かけるようになりました。確かに明るい色だとちょっとトーン差のあるしみなどはカバーしにくいんじゃないかというイメージがあります。

●ライトを選びました。色みは明るく単品使用だとカバー力が物足りない気がするので、パウダーファンデーションの下地にしています。でも、伸びはよくて使い心地もいい感じです。でも、次買うならもう一段濃い色で単品使用したいです。

この口コミに代表されるように、実際使ってみての印象ですから確かにカバーしにくいという傾向があると思われます。

もともとBBクリームは、カバー力を求められているアイテムですから、カバー力については見る目は厳しいということはあると思われます。

ただ、カバーする対象がトーン差がありすぎだったり、ほんおワンポイントだったりなど条件も様々なので、一概にカバー力のありなしの判断をするのは難しい面もあります。

その中で新しいアテニア BBクリームは、できるだけ完璧なカバー力よりも今までBBクリームの弱点であった、厚塗り感と血色画悪く見えるという問題を解決する方に力を注いでいます。

その結果口コミでは、よくのびるテクスチャーで薄付きの仕上がりが評判になっていますし、「隠しピンク設計」という効果でツヤがあって血色感の感じられる仕上がりもとても喜ばれています。

●隠しピンクに興味をひかれ、ライトを購入しました。BBクリームにありがちなグレーっぽさがなくて、顔色がパッと明るくなります!しかも時間がたっても、疲れてる感がでないんです。

●隠しピンクの光の乱反射効果で色むらのないしっとりツヤのある肌に。濃いシミも重ねれば気にならない位に隠せました。

この口コミでは「隠しピンク設計」の効果で色ムラがない…と書かれていますが、上手く隠せているということだと思います。この仕上がりだと、少々カバーができていなくても隠せてしまうことも考えられますね。また、濃いしみも重ねづけで対応できるとも言われています。

また、これも「隠しピンク設計」の効果だと思われるのですが、「顔色がパッと明るくなります!」という点は、いままで「カバーする=隠す」という心境から、「見てもらいたい」という気持ちにスイッチする効果も含んでいるのではないかな?と思われます。

でも一番は…

●肌が綺麗に見えると、表情も自然と明るくなり、相乗効果も感じました!

この効果ではないでしょうか?

>>アテニアBBクリーム<<