gg030_350a

アテニア BBと雪肌精ホワイトBB、どちらも口コミが多く投稿される人気のあるBBクリームですが、それぞれのアレンジと使い方について口コミから意見をピックアップしてみました。

まずは、雪肌精ホワイトBB。崩れやすく、取れやすいという欠点をこんな風に解消している方がいました…

●私は皮脂崩れ防止系の下地を混ぜてます。(私はセザンヌを使ってますが、kissの下地とかでもよさげ)。もしくは皮脂崩れ防止系の下地を使った後にBBクリーム使うといいかも知れないです。

雪輝精BBクリームに皮脂崩れ防止系の下地を混ぜたやつを男塗り

気になる箇所にコンシーラー

プレストパウダーをバフバフ

こんな感じです。

カバー力よりも自然な仕上がりが好きな方は是非!

確かに崩れ防止の下地を使う方法はありますね。けれど、BBクリームのオールインワンという利点が損なわれているという面もあります。もっとも、この辺りは考え方次第ですね。お肌の色に合わせるため、BBクリームを混色するという手法もあるのですから…

また、これは欠点とも美点とも取り辛い話ですが、雪肌精の口コミではこんな意見で二分されていました。

●雪肌精の香りも好きなので、それがほのかに感じられるのも良かったです

●匂いはおばあちゃんの化粧水って感じ

●雪肌精独特の香りが好きな人には、はまります

●香りも雪肌精の香りで癒されます(^^)

香りは好き嫌いがあるので、この辺の判断はなんとも言いがたいところです。

そして、アテニア BBにはこんな突っ込んだ意見もありました。

●色ムラを取る事は、イコール「のっぺり仕上がる」ことでもあります。

実際、色ムラがなくなって気になってた、くすみなどが消えて肌の均一感は出るのですが、

それはまるで卵のような、「のっぺりした凹凸や陰影のない顔」になります。

もしこれでポイントメイクもしても、陰影意識重視の人はシャドウやチークが必要になるでしょう。

要は、BBというもの自体がカバー力重視のファンデなので、そんな中で「厚塗りとカバー力」VS「ナチュラルメイクや透明感」の矛盾の間でガンバってみたよ、というのがこちらの商品なのですよ。

鋭い意見です。BBクリームの本質であるカバー力と、ナチュラルメイクや透明感は両極端です。その解決方法として「血色感」に注目し「隠しピンク設計」を取り入れたのが、アテニア BBクリームです。

この矛盾を新しいアイデアで解決する…という事は、素晴らしいのですが、その開発力で、新次元のアイテムを開発される事があるならば…と期待してしまいますね。

>>アテニアBBクリーム<<