FV037

くすみの原因は角質であることは、今ではみんなが知るところとなりました。そのくすみの原因である角質を手軽に取るには、ピーリングジェルを使うという方法があります。

使い方は、洗顔フォームと同じで、お肌にピーリングジェルを塗り、スクラブすると消しゴムのカスのようなものがポロポロと出てきます。このポロポロが角質なのです。

もっともこれがすべて角質ではありません。ジェルが角質をからめとっているため、ジェルと角質の固まりが出てきているのです。

ピーリングジェルを使うと、こんな風にポロポロが出てくるので、とても達成感があるのです。でも、これが問題のひとつでもあります。なぜなら、あまりに取れるので、ついやりすぎてしまうのです。

ピーリングをやりすぎてしまうと、当然お肌に良いことはありません。特にお肌にピリピリする刺激があったり、顔が突っ張るように感じたり…そんな症状がでた場合はすぐに中止してください。こんな症状がでたときには、本当は必要な角質層まで落としてしまっている可能性があるのです。

この状態を放置してしまう、またはまだピーリングを続けたりした場合肌のバリア機能が極端に落ちてしまい、赤みや肌荒れなどの副作用がでてしまう恐れがあります。

またピーリングの後は、保湿ケアと日焼け対策を行わないと肌が乾燥や紫外線のダメージを直接受けてしまい、せっかくの新しい肌も台無しになってしまいます。

ピーリングは、回数を抑えてもお肌に必ずダメージを与えてしまいます。このこともあり、ピーリング後はダメージケアを中心に考える必要があります。また、その後のメイクアイテムもダメージケアを意識した方がよいでしょう。

その際には、BBクリームをダメージケアのメイクアイテムとして選んでいただきたいと思います。BBクリームは、もともとお肌の傷の修復用に考えだされたクリームなのです。現在はメイクアイテムとして皆さんに知られていますが、本来はお肌のダメージケアのための、どちらかというとお薬に近い軟膏のようなアイテムなのです。

その中でもアテニアのBBクリームは、敏感肌やデリケートな肌を基準に開発されたBBクリームです。そのため、普段よりもピーリング後のデリケートになっているお肌には最適でしょう。

またアテニアは他社のBBクリームよりダメージケアという意味では優れているといわれています。なぜなら、すべての製品の開発姿勢が、デリケートな肌を基準としているという点があるのです。

もちろんアテニアのBBクリームも同様に、開発のベースは敏感肌の方に向けて行っています。そのため、成分は無香料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリーであり、アレルギーテスト済み・ノンコメド処方(ニキビのできにくい処方)とできる限りお肌のことを考えています。

くすみ解消のためのピーリング後、メイクはダメージケアをが必要です。また、普段お肌とは状況が違う事も考慮しなければなりません。ですので、おなじダメージケアアイテムでも、よりお肌にやさしいものを選ぶようにしたいものです。
>>アテニアBBクリーム<<