GW056_72A

BBクリームは、様々な機能を兼ね備えていてオールインワンと呼ばれています。

例えばアテニアのBBクリームなら、美容液、UVケア、下地、ライトメイク、コンシーラーなどの機能を揃えています。

ただ、あまりに多くの機能や効果を持っているのでかえって迷ってしまう方もおられるでしょう。

そこで、BBクリームを下地とクリームファンデーションと位置づけてみると、わかりやすいかもしれません。具体的なメイクの順番としては、BBクリーム、コンシーラー、パウダーという順番になります。

ここに、リキッドやクリームファンデーションを重ねると、ちょっと厚塗りなイメージになってしまいますよね。メイク崩れもしやすくなります。そのため最後は、パウダーで仕上げます。

ただ、これも問題がちょっとあるのです。それは、BBクリームはカラーバリエーションがない場合が多いということです。たとえば、海外のBBクリームだとカラーバリエーションがない上に、国産のものと比べ色目が濃くて、グレーっぽいものが多い傾向があります。これは、人種による肌の色の違いもあるのですが、この状態で色バリエーションがないのですから、ちょっと…という感じになってしまいます。

カラーバリエーションが少ない中で、自分の肌に合う色を見つける事が必要になります。このあたりがBBクリームの欠点でもあります。

そんな中、アテニアBBクリームはリニューアルして2色展開になりました。色目はナチュラルとライトです。これで色目の選択幅が増えました。ただ、2色展開なら、他のメーカーでも行っています。でも、アテニアは色展開だけを考えていたわけではないのです。

ベースカラーとして、自分の肌色に合わせる事が必要ですが、BBクリームの場合どうしてもマット過ぎる仕上がりになってしまいます。色目も血色が悪く見えがちです。

単独でBBクリームだけを使った場合、このような仕上がりに不満を持つ人も多く、BBクリームを使わない方も多くおられます。

そこで、新しいアテニアBBクリームは、ふんわりとした赤みがさす、血色の良い色に仕上がるのです。これは、バラの花弁のようなパウダーを配合したことによって、お肌の上でピンク色の光が乱反射するのです。これによって、今までBBクリームの欠点であったマット過ぎる印象から一歩進化した感があります。

BBクリームを下地とクリームファンデーションとして使う場合、自分にあう色味を見つける事が大事ですが、今ではアテニアのように色つやがよく見える仕上がりを得られるBBクリームも選ぶ事ができるのです。
>>アテニアBBクリーム<<