FV016

赤い顔色は炎症なのでしょうか?

肌が荒れると炎症が置き皮膚が赤くなります。

お肌が炎症をおこす原因も様々ありますが、

まずひとつは、花粉症などアレルギーによる反応が原因の場合があります。

 

これは、顔がかゆくなったりひりひりするなどの症状で赤くなります。

特に、敏感肌の方は要注意でしょう。

体の免疫力が低下していたり、肌機能が弱っていると、

かゆみや、ひりひりなどの刺激にも負けやすくなり、

炎症が起きて赤くなるということがあります

 

この場合の対策としては、免疫を高めアレルギー体質を改善する方法がありますが

これはこれで、中々時間がかかるものです。

その場合でもメイクをしなければならない時は、いくらでもあるでしょう。

そんなときは、できるだけお肌に負担がかからない方法が必要でしょう。

 

BBクリームは時短に最適ですが、お肌の負担になるのでは?と思っている方が

おられます。

ですので、お肌に炎症がある場合などは敬遠される向きがありますが、

アテニアBBクリームはお肌の負担になる添加物が一切入っていません。

また安心の日本製ですので、成分表も間違いなく確認できます。

 

赤い顔色の原因として、にきびや吹き出物が原因の場合があります。

にきび、吹き出物などのトラブルを繰り返すと、肌の炎症状態が慢性化し

赤みが色素沈着してしまって、赤ら顔になってしまう場合があります。

 

そこでおススメしたいのは、アテニアBBクリームです。

ニキビ肌なのにファンデーションを塗ると、ニキビが悪化するんじゃない?

と思う方が多いと思います。

そんな方におすすめなのが、BBクリームなのです。

ニキビを刺激せずに隠すことができるのがBBクリームのメリットです。

 

特にアテニアBBクリームは、前述のようにお肌の負担になる添加物が

一切入っていません。

 

もちろん、何かを塗って治す方法もありますが、お肌を休ませる必要もあります。

具体的にいえば、体の中からケアするためにはビタミン類、蛋白質の摂取、

そして十分な睡眠と運動を。

もちろん直接的には、ビタミン配合の洗顔料などもおすすめです。

 

とは言っても、メイクをせずに済む日はそれほど多くないでしょう。

メイクをする場合は、添加物フリーのアテニアBBクリームをベースに考えると

少しはお肌も休まるのではないでしょうか。

これなら、BBクリーム特有の顔色の悪い仕上がりに

ならず血色感を引き出す効果があります。

 

ぜひ一度お試してはいかがですか?
「血色感」でカバーする 新発想のBBクリーム